シジミに含まれるアミノ酸!オルニチンの効果と副作用。

オルニチンとは主にシジミに多く含まれている成分で、アミノ酸の一種です。

二日酔いにはシジミ汁と古くから言われているように、肝機能を高めてくれるのが主な効果です。

オルニチンは体内に摂取後、腸から吸収され、肝臓、腎臓や筋肉に廻ると言われています。主に肝臓では、疲労の原因物質となるアンモニアの代謝を行っている経路である『オルニチンサイクル』の活性化、肝臓でのタンパク質合成、機能が低下した肝臓そのものの保護などの働きを促進します。

オルニチンの効果

生活の中で、エネルギーを消費する際、筋肉でアンモニアが生成されます。このアンモニアは前述のように疲労の原因物質の一つであり、体内を循環します。循環する濃度が高いほど、体は疲労を感じやすくなります。オルニチンが働くと、このアンモニアの分解を助けるオルニチンサイクルという肝臓内の経路が活性化されます。

その結果、体内を循環するアンモニアの濃度が低くなり疲労を抑える、もしくは疲労を軽減する効果があると言われています。激しい運動を行う際にも効果があり、持久力が向上することが研究によって報告されています。

アルコール分解時にもこのアンモニアは発生するので、飲酒の際にオルニチンを多く含むシジミ汁、もしくはサプリメントなどを飲むことは、二日酔いを抑制するのに非常に効果があるというわけですね。

オルニチンの副作用

オルニチン摂取による、大きな副作用ということはまだ報告されていません。しかし、過剰に摂取することで消化器官がダメージを受け、下痢や腹痛の症状が現れることがあるかもしれません。1日の摂取目安量は400~1000mgと言われており、これを超えるような過剰な摂取は控えた方が良いでしょう。

マッスルエレメンツHMBの口コミの中にはオルニチンの効果を感じているものもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です