つなぎとめた心の行く先を見つめて

自転車は基本的に車道走行をしなければいけません。

しかし実際には歩道走行をしている人が多いと思います。

中には自転車が通るから歩行者はどけ、とベルを鳴らすような人もいます。

歩道を猛スピードで走ってきた自転車とぶつかったことがあります。

その時は後ろから自転車が走ってきたので、その存在に気付きませんでした。

ぶつかって転んでしまったのですが、自転車に乗っていた人はちらっと見ただけで走り去ってしまいました。

スマホを見ながら自転車に乗っている人もまだまだ多いですし、音楽を聴きながら走行をしている人もいます。

ぶつかった経験があるので、交通ルールはしっかりと守って欲しいです。

歩道は歩行者最優先であることを知らないで自転車に乗っている人も多いようです。

自転車を購入する際に交通ルールに関するハンドブックを配布するなど、自転車に乗る際の注意点をしっかりと分かって欲しいなと思います。

自分が自転車トラブルに巻き込まれたことがあるので、自転車に乗る際には十分に注意をするようになりました。

歩道走行はしない、歩道しか走れるところがない場合には、歩行者がいた際には徐行をしたり、自転車を降りるという基本的なルールをしっかり守れるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です